友人とスラムダンクの主題歌を歌ってみました!!

スラムダンク

お疲れ様です。

 

本当に久しぶりにロングタイム流れ星を見ました、管理人の☆エイル☆です。

 

 

先日、友人のキマリと時間が合った為、キマリの知り合いのお店にお酒を飲みに行ってきました。

 

 

このお店が開店してから、本当に昔からお世話になっているのですが、お店が口コミ口コミで広がっちゃって満員御礼でした。

 

 

 

焼酎飲みながら、そしておでんを食べながら話していましたが、やはり話題は・・・・・・

 

 

 

 

 

どうしてもスラムダンクでした。

 

 

ここ何年も何年も私達の話題はスラムダンクでした。

映画スラムダンク「THE FIRST SLAM DUNK」を見てきました!!(※ ネタバレ有り)
お疲れ様です。 ちょっと皆さん、映画の「THE FIRST SLAM DUNK」見られました? 私は先日、公開日のレイトショーで見てきました!! 昔、私は何度も何度もスラムダンクの漫画単行本...
映画「THE SECOND SLAM DUNK」を勝手に考察してみました!!
お疲れ様です。 友人のキマリと飲みに行くと二日酔いになるエイルです。 今日は、今もまだ公開中なのですが「THE FIRST SLAM DUNK」(スラムダンクの映画です。)の続きの「THE SECOND SLAM...

 

 

 

 

私「なぁ次の映画は三井じゃない??」

 

 

キマリ「まぁなー、でも俺達で予想できているって事は・・・多分違うな。というか当分ない(笑)」

 

 

私「確かに、今回のだけでも待ち焦がれたもんなぁ・・・・。」

 

 

FIRSTが出たと思ったら、すぐにSECONDを欲しがる男達。

 

 

私「SECOND出るまで俺達は生きてるだろうか・・・・。」

 

 

キマリ「わからん。THIRDくらいじゃないか?」

 

 

私「それでもTHIRDかい(笑)子どもにFORTH以降託すかな(笑)」

 

 

まぁ井上先生の年齢を度外視した、そんなような話をしながらカウンターで飲んでいました。

 

 

ある程度夜が更けて来たので、お店を変える事にしました。

 

 

2件目もキマリのお知り合いの店に行く事になりました。

 

 

今日はどうやらキマリの知り合い巡りです。キマリナイトです。

 

 

飲み屋街のスナックに到着しました。今日はママが一人でやっていて、お客さんは居ませんでした。私達2人きりで貸し切り状態でした。

 

 

私的にスナックは静かな方が結構自由に出来て好きなので、ラッキーでした。

 

 

ママ「キマリくん、カラオケ歌ってよ。どうぞ。」

 

 

ママからデンモクを受け取り、キマリは歌い始めました。

 

 

 

キマリ「・・・マニュアル通りに生きたってー♪・・・ってお前いつもこれ俺に歌わすなよ!!(笑)」

 

キマリがカラオケを歌うというか、私が予約してキマリに歌わすのです。しかし、このB-DASHというバンドは最高ですね♪♪マジで大好きです♪♪

 

 

 

 

私「・・・・よし、歌ってみるかあれを・・・・。」

 

 

キマリ「何歌うの???」

 

 

私「スラムダンク!!

 

 

キマリ「え?!無理だろあれは(笑)」

 

 

私「無理じゃない!!絶対いける!!」

 

 

 

実際にママの店で歌ってみたのですが、意外・・・・・・・・・と

 

 

 

・・・・・これ歌えます♪♪

 

 

映画を見た者同士で集まって歌うと滅茶苦茶盛り上がります!!

 

 

キマリもなんだかノッています。肩が動いてます

 

 

 

キマリが選手時代に宮城リョータと同じポイントガードだったから、盛り上がっているわけではありません。

 

 

 

ただただ・・・・

 

 

 

 

ただただ好きなのよ、スラムダンクが

 

 

 

 

この歳になって○○が好きというのは本当に新鮮です。

 

 

 

 

歌った感想としては、後半になればなるほど英語とか出て来て難しい

 

 

実際初めの方は伴奏が早いように感じますが、歌自体はそんなに早いテンポでもありません。ゆっくり力強く歌う事ができます。

 

 

これは歌えます、「絶対に映画を見た者同士で集まって歌ってみて欲しいソング №1」です。

 

 

ただ、難関を挙げるとすると、

 

 

 

「Swish da 着火 you!!!」

 

 

これが難しい!!滅茶苦茶難しい!!

 

 

曲の途中で急にリズムが変わるのですが、一気にこのテンションへ急激にもっていかなくてはいけません。

 

 

 

しかしこれさえ克服すれば滅茶苦茶歌えます。

 

 

今度、私、友人のキマリ、いとうし、ベア、いっしープロで集まる時に5人連続で1人ずつ全力で歌う企画をやってみようと思います。悪ふざけではなく真剣カラオケ大会です。

 

 

多分3人目くらいで「もう飽きたって!!」、「覚えたわ歌詞!!」って巻き起こる鉄板の笑いが待っています。

 

 

そして5人目になると誰も聞いていません。トイレに行き始めます。どうしても1番手、2番手の取り合いになりそうです。

 

 

みんな、ちゃんと覚えとけよー♪♪

 

 

 

キマリ「これいけるなー♪」

 

 

私「Coyote steals the sound♪ Coyote steals the pass♪ Coyote steals the sound and pas♪・・・の所かっこよくない??」

 

 

キマリ「・・・いやほんとにね、かっこいい。・・・ガードなのが良い。」

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

と、いう話でした。

 

 

 

 

今日はスラムダンク

THE FIRST SLAM DUNK

の感動のエンディングテーマである

 

10-FEETさんの「第ゼロ感」は頑張ればカラオケで歌えるという、報告でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました